NLP療法とは

160129cbb20bab6227f01dcb65fb696c_s

NLP療法とは何なのでしょう。

NLPはNeuro Linguistic Programmingの頭文字をとった略称で、
日本語では神経言語的プログラミングと訳されます。

これは心理療法の中でも短期的なセッションで
効果を及ぼすことのできるブリーフセラピーの一つとして開発され
、その後の発展の中で、医療、教育、政治、スポーツなど
様々な分野で用いられるようになりました。

NLPでは、人間は認知の方法や記憶を
今までの人生体験に基づいてその人の
潜在意識の中にプログラミングしており、
それによって自動的に反応し行動する存在ととらえています。

この潜在意識のプログラミングを組み立て直すことによって、
自然と、望ましい行動がとれるようにすることを目的としているのがNLPです。

カウンセリングなどを受けて自分の気持ちや考え方を変えたいと考えている人は少なくないでしょう。
そのような人にとってお勧めできるのがNLPです。

実は、NLPテクニックの中の一つに催眠のテクニックが含まれています。

催眠状態になっているときには、無意識の領域とコンタクトしやすい状態。

むしろ「私が私」と自覚している顕在意識(自我)を突破して
無意識の領域-潜在意識にアクセスしやすいのです。

無意識は善悪などの判断はしません。

無意識の領域に入ると、そのままストレートなんです。

これがデメリットでもありメリットでもあります。

いずれにせよ、必要なのは正しいやり方。

これらは書籍だけで学ぼうとすると限界があるでしょう。

専門家からの個人セッション、専門家によるセミナーなど
その道のプロに指導を受けないと却って逆効果にもなりうるのです。

いきなり専門家に学ぶのは…と敷居の高さを感じる人は
まずはオンラインスクールなどで学ぶのも一つの手段ではないでしょうか?
→催眠術かけ方入門

 催眠術無料Web動画レッスンを見る▶

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。